amdは4ウェイsmtで次世代epyc cpusをリリースできます| techpowerup

AMDが4ウェイSMTを備えた次世代EPYC CPUをリリース

AMD has completed design phase of its 'Zen 3' architecture and rumors are already appearing about its details. This time, Hardwareluxx has reported that AMD could bake a four-way simultaneous multithreading technology in its Zen 3 core to enable more performance and boost parallel processing power of its data center CPUs. Expected to arrive sometime in 2020, Zen 3 server CPUs, codenamed 'MILAN', are expected to bring many architectural improvements and make use of TSMC's 7nm+ Extreme Ultra Violet lithography that brings as much as 20% increase in transistor density.

おそらく最大の変化は、CPUがコアごとに4つの仮想スレッドを持つことができる4ウェイSMTの追加です。これにより、並列処理能力が向上し、データセンターのユーザーがこれまで以上に多くの仮想マシンを実行できるようになります。 4ウェイSMTは、各スレッドが操作の一部を実行できるようにマイクロ操作を4つの小さなグループに分割することにより、理論的にパフォーマンスを向上させ、実行時間を大幅に短縮します。これは、4ウェイSMTの1つのアプリケーションにすぎないため、AMDはこの機能を最も実用的で、可能な限り最高のパフォーマンスをもたらす方法で活用することが期待できます。 AMDは、プロセッサにこの種のソリューションを実装した最初の企業ではありません。 IBMは現在、4ウェイまたは8ウェイSMTを備えたPOWER ISAベースのCPUを製造しており、それらがPOWER CPUが非常に強力である主な理由の1つです。それでも、2020年に近づき、ミラノのCPUを発売する際に、Zen 3のコア設計の決定に関する詳細を確認したいと考えています。
Source: Hardwareluxx