amd radeon rx 5600シリーズskus機能6gbおよび8gbバリアント| techpowerup

AMD Radeon RX 5600シリーズSKUは6GBと8GBのバリエーションを搭載

AMD's Radeon RX 5600-series could see the company take on the top-end of NVIDIA's GeForce 16-series, such as the GTX 1660 Super and the GTX 1660 Ti. A report from earlier this month pegged a December 2019 product announcement for the RX 5600-series and subsequent availability in the weeks following. Regulatory filings by AMD AIB (add-in board) partners with the Eurasian Economic Commission (EEC) shed more light on the product differentiation within the RX 5600 series. The filings reveal that the RX 5600 and RX 5600 XT feature 6 GB and 8 GB sub-variants.

ASUSによる規制申請では、ROG Strix、TUF Gaming、Dual lineのグラフィックカードの製品を参照しています。以前のレポートで述べたように、AMDはRX 5700よりも多くのRDNAコンピューティングユニットを無効にし、GDDR6メモリバスを192ビットに狭めることで、より大きな「Navi 10」シリコンからRX 5600シリーズを切り分けることを期待しています。 6 GBバリアント。 AMDには、「Navi 10」チップを収集して、1,792(28 CU)または2,048(32 CU)などのプロセッサー数をストリーム配信する機会があります。また、費用対効果の高い12 Gbps GDDR6メモリチップを使用する機会もあります。
Source: WCCFTech