amdは3つのhedtチップセットを準備します:trx40、trx80、およびwrx80

AMDは3つのHEDTチップセットを準備:TRX40、TRX80、およびWRX80

AMD is preparing to surprise Intel with its 3rd generation Ryzen Threadripper processors derived from the 'Rome' MCM (codenamed 'Castle Peak' for the client-platform), that features up to 64 CPU cores, a monolithic 8-channel DDR4 memory interface, and 128 PCIe gen 4.0 lanes. For the HEDT platform, AMD could reconfigure the I/O controller die for two distinct sub-platforms within HEDT - one targeting gamers/enthusiasts, and another targeting the demographic that buys Xeon W processors, including the W-3175X. The gamer/enthusiast-targeted processor line could feature a monolithic 4-channel DDR4 memory interface, and 64 PCI-Express gen 4.0 lanes from the processor socket, and additional lanes from the chipset; while the workstation-targeted processor line could essentially be EPYCs, with a wider memory bus width and more platform PCIe lanes; while retaining drop-in backwards-compatibility with AMD X399 (at the cost of physically narrower memory and PCIe I/O).

この多様なプロセッサラインをサポートするため、AMDはTRX40、TRX80、WRX80という1つのチップセットではなく、3つの新しいチップセットを開発しています。 TRX40には、より軽いI / O機能セット(X570と同様)、およびマザーボード上のおそらく4チャネルメモリが搭載されている可能性があります。 TRX80とWRX80は、8チャンネルメモリと64以上のPCIeレーンを備えた「ローマ」MCMの完全なI / Oを活用できます。 TRX80とWRX80の違いは定かではありませんが、後者に基づくマザーボードは、SSIなどのフォームファクターで適切なワークステーションボードに似ており、TYANなどのエンタープライズマザーボードメーカーによって製造されると考えています。チップセットは認証のためにUSB-IFに到達し、momomo_usによって嗅ぎ分けられました。 ASUSは、TRX40、Prime TRX40-Pro、およびROG Strix TRX40-E Gamingをベースにした最初のマザーボードを用意しています。
Source: momomo_us (Twitter)