amd 'renoir' apu 3dmark 11のパフォーマンスの数値は表面化されていると言われています| techpowerup

AMDの「ルノワール」APU 3DMark 11の性能数値が浮上

AMD 'Renoir' is the company's next-generation APU that improves iGPU and CPU performance over the current 12 nm 'Picasso' APU. An AMD 'Renoir' APU engineering sample running on a 'Celadon-RN' platform prototyping board, was allegedly put through 3DMark 11, and its performance numbers surfaced on Reddit, in three data-sets corresponding with three hardware configurations. In the first one, dubbed 'config 1,' the CPU is clocked at 1.70 GHz, the iGPU at 1.50 GHz, and the system memory at DDR4-2667. In 'config 2,' the CPU runs at 1.80 GHz, and the iGPU and memory frequencies are unknown. In 'config 3,' the CPU runs at 2.00 GHz, the iGPU at 1.10 GHz, and the memory at DDR4-2667. Raw benchmark output from 3DMark 11 Performance preset are pasted for each of the configs below (in that order). The three mention 3DMark database result IDs, but all three are private when we tried to look them up.

「config 1」マシンは、3DMark 11のパフォーマンスプリセットで3,547ポイントを獲得します。iGPUクロックが「Picasso」のクロックよりもかなり高いことに注意してください。 「構成2」では、3,143ポイントの3DMarkパフォーマンススコアが得られます。 CPUクロックは「構成1」に比べて増加しますが、スコアはわずかに減少します。これは、iGPUクロックまたはメモリ速度、あるいはiGPUのコア構成の低下の可能性を示しています。 「構成3」では、2.00 GHzで最高のCPUクロック速度が見られますが、1.10 GHzではiGPUクロック速度が低下しています。このセットアップは、3DMarkパフォーマンスプリセットで2,374ポイントを獲得し、「構成1」から33%低下します。これは、iGPUクロックの削減だけでなく、CU数の削減も示します。 「Renoir」は、「Zen 2」のCPUコアと「Vega」の数値演算機構を備えた「Navi」のディスプレイおよびマルチメディアエンジンを備えたiGPUを組み合わせることが期待されています。


Source: _rogame (Reddit)