AMD 'Renoir' APUがLPDDR4Xメモリと新しいディスプレイエンジンをサポート



AMD's next-generation 'Renoir' APU, which succeeds the company's 12 nm 'Picasso,' will be the company's truly next-generation chip to feature an integrated graphics solution. It's unclear as of now, if the chip will be based on a monolithic die, or if it will be a multi-chip module of a 7 nm 'Zen 2' chiplet paired with an enlarged I/O controller die that has the iGPU. We're getting confirmation on two key specs - one, that the iGPU will be based on the older 'Vega' graphics architecture, albeit with an updated display engine to support the latest display standards; and two, that the processor's memory controller will support the latest LPDDR4X memory standard, at speeds of up to 4266 MHz DDR. In comparison, Intel's 'Ice Lake-U' chip supports LPDDX4X up to 3733 MHz.

更新されたディスプレイコントローラーを備えた「Vega」グラフィックスを指すコード行は、AMDの新しい「Navi 10」GPUにある新しいDCN 2.1に言及しています。このコントローラーは、1つのケーブルで最大8Kの解像度、DSC 1.2a、および新しい解像度の4Kから240 Hzおよび8K 60 Hzをサポートし、ピクセルカラーは30ビットです。マルチメディアエンジンもVCN 2.1標準に適切に更新され、4Kで最大90 fpsのVP9やH.265、8Kで最大24 fpsなどの新しいビデオ形式のハードウェアアクセラレーションによるデコードを提供します。 4Kで.264最大150 fps。 「ルノワール」がいつ発表されるかについては何も発表されていませんが、2020年の国際CESが発表される可能性があります。
Source: Phoronix