ASUS、ROG Strix B365-Gゲーミングマザーボードを発表



With inventories of the B360 Express digesting nicely, motherboard vendors are finally implementing its replacement, the B365 Express, in premium gaming-grade products. ASUS rolled out its first Republic of Gamers (ROG) product, with the ROG Strix B365-G Gaming. Built in the micro-ATX form-factor, this board packs many gamer-essentials and is targeted at PC gamers who don't bother with overclocking. With its in-BIOS memory frequency setting capped at DDR4-2667, ASUS is very specific about the target audience. The board draws power from a combination of 24-pin ATX and 8-pin EPS power connectors, conditioning it for the CPU with a 7+2 phase VRM. The board supports all 9th gen and 8th gen Core 'Coffee Lake/Refresh' processors out of the box.

LGA1151ソケットは、最大64 GBのデュアルチャネルDDR4-2667メモリをサポートする4つのDDR4 DIMMスロットに配線されています。そして、ボードの唯一の金属補強されたPCI-Express 3.0 x16スロット。 PCI-Express 3.0 x1、M.2 Eキースロット(WLANカード用)、およびPCI-Express 3.0 x4(物理x16)は、残りの拡張領域に対応します。ストレージ接続には2つのM.2-2280スロットが含まれ、1つはPCI-Express 3.0 x4とSATA 6 Gbpsの両方をサポートし、もう1つはPCI-Express 3.0 x4のみです。および6つのSATA 6 Gbpsポート。ボードの唯一の1 GbEインターフェイスは、Intel i219-Vコントローラーによって駆動されます。 USB接続には、6つのUSB 3.0ポート(背面パネルに4つ、ヘッダーごとに2つ)に加えて、2つのタイプA 10 Gbps USB 3.1 gen 2ポートが含まれます。オンボードオーディオソリューションは、Realtek ALC1220A CODECとデュアルOPAMP、EMIシールド、オーディオグレードコンデンサ、およびグランド層絶縁を組み合わせています。このボードの残りの部分は、アドレス指定可能な3ピンのRGBヘッダーが2つあり、100ドル前後で販売される予定です。