bios romのサイズ制限により、amdのzen2の後方互換性の約束がほぼ損なわれます| techpowerup - 経歴

BIOS ROMサイズの制限はほぼAMDのZen2下位互換性の約束を狂わせます

AMD succeeded in delivering on its backwards-compatibility promise for the 3rd generation Ryzen processors on motherboards based on AMD 300-series and 400-series chipsets. This promise was very close to being derailed suggests a community thread on MSI forums. According to MSI representatives active on the forum, the capacity of the SPI flash EEPROM chip that stores the motherboard UEFI firmware is woefully limited to cram in the AGESA ComboAM4 1.0.0.3a microcode on many of its motherboards.

同社は、AGESA ComboAM4 1.0.0.3aとともに第3世代のRyzenプロセッサーのサポートに対応するために、現在「ベータ版」として流通しているUEFI BIOSパッケージにいくつかの変更を加える必要がありました。まず、28 nmの「ブリストルリッジ」シリコンをベースにしたAシリーズおよびAthlonプロセッサのサポートを開始する必要がありました。次に、RAIDモジュールを起動し、マザーボードの多くでSATA RAIDを破壊する必要がありました(これは大きなものです)。第三に、機能が豊富なClick BIOS 5セットアッププログラムを、元のプログラムの多くの機能が欠けており、鈍い低解像度UIを備えた最低限の「GSE Lite」Click BIOSプログラムに置き換える必要がありました。このプログラムには、A-XMP(Intel XMPプロファイルをAMD互換設定に変換する)、スマートファン、M-Flashなど、MSI専用の重要な機能がまだ含まれています。

怖い部分は?他の多くのマザーボードブランドは、古いソケットAM4マザーボードで16メガバイトEEPROMを使用しているようです。これらの企業は、UEFIセットアッププログラムを軽量にしない限り、同様のROM容量の問題に直面することになります。最新のX570チップセットをベースにしたマザーボードには、32メガバイトのEEPROMが搭載されています。 AMD X570チップセットは、「ブリストルリッジ」だけでなく、第一世代のRyzen「Summit Ridge」および「Raven Ridge」プロセッサもサポートしていません。

文字通り第3世代のRyzenプロセッサを所有している場合を除き、古いソケットAM4マザーボードのBIOSを更新しないことをお勧めします。機能を失うリスクがあり、RAIDボリュームが破損する可能性があります。古典的なAGESA PinnaclePI 1.0.0.6マイクロコードを持つBIOSの最新バージョンを見つけて、代わりに使用してください。
Source: MSI