CES 2019のBitspower-新しいブロック、センサーディスプレイ、ファン、およびLN2冷却!


CES may have officially ended but our coverage from the trade show continues. Bitspower had invited TechPowerUp to come visit their suite, mentioning there would be something new and unexpected, and that indeed was the case. Our tour began with the customary showcase of the new GPU water blocks compatible with reference, and board partner designs, for the new NVIDIA GeForce RTX 2060 and relatively new AIC RTX 2070/80(Ti) cards as well. These feature integrated RGB lighting compatible with all major motherboard lighting solutions for control, and adopt the split central-inlet flow design as well.
これらの隣には、OLEDディスプレイとセンサーを含むいくつかの新しい製品設計がありました-下の画像に示すようにディスプレイから読み取れる温度と流量センサーを統合した大きなBitspowerブランドのCPUウォーターブロック、およびTouchAqua(Bitspowerのより予算に優しいブランド)統合ディスプレイを備えたスタンドアロン温度センサー。 Bitspowerの計画には、CPU、GPU、およびマザーボードブロックの製品範囲全体でこのようなディスプレイとセンサーを採用することも含まれます。 次に登場したのがファンで、黒または白のローターカラーオプションのデザインがあり、同社はまだ両方を小売チャネルに導入するかどうか未定です。最近のカスタム水冷製品と同様に、新しいファンには、ファンフレームに統合された複数の個別にアドレス可能なデジタルRGB LEDを介したRGB照明が含まれています。さらに興味深いことに、ローター自体はデュアルファン設計を採用しており、Bitspowerによるとファンの周りの気流のデッドスポットを減らし、静圧も向上させるとされています。このデザインのバージョンが以前に使用されていたことがありますが、多くの場合は効果がありません。市場にリリースする際には、必ずこれらをテストしてください。これらのファンは、短い延長ケーブルを介してデイジーチェーン接続できるため、複数のファンが同じファンヘッダーから電力制限まで動作できるようになります。
エンドユーザーはカスタム水冷ケースでこのようなLEDファンを多数実行したい場合があり、デイジーチェーンを使用している場合でもそれぞれに十分なLEDヘッダーがないため、BitspowerはPSUから電力を供給されるLEDハブも披露しました。フルサイズのSATAコネクタで、最大8つの4ピンRGB LEDデバイスを実行できます。これに類似するのが、既存のソリューションに類似した、今後のPWMハブでもあり、ブランドに固執したい人向けのBitspowerの製品です。 PWMハブは、最大10個の4ピンPWMデバイスに電力を供給でき、同じデバイス(ファンなど)で使用するのが最適です。 最近、BitspowerのLian Li PC-O11ダイナミック用のかなりユニークなカスタムリザーバーとポンプを取り上げましたが、Lian LiとInWinの追加ケースをサポートして、このラインナップでさらに多くのことを示しました。このセクションには、スペースを節約し、見栄えの良い冷却ソリューションを可能にするために、すべてカスタムのリザーバー、ラジエーター、ポンプ、ファンが統合された概念も含まれていました。これらの製品には、ドレンおよびフィリングポートフィッティングが付属しています。後者には、圧力が蓄積されないように統合されたエアチェックバルブもあり、構造的完全性を保持しています。
TouchAquaまたは親のBitspowerブランドのパートナーである同社は、よりシンプルな設計のCPUブロックを介して、より予算に優しいオプションを引き続きサポートすることを明確に示したかったのです。このようなコールドプレート設計は、過去10年間を連想させるため、価格設定が重要です。同時に、プレミアム製品ラインのフィッティング、リザーバーエンドキャップ、ブラケットなど、さまざまな色や仕上げに対応し、カスタマイズの可能性を高めることができることも示しました。これらのほとんどはすでに市場に存在しており、それらまたは小売業者から直接購入できます。
Bitspowerから最も興味深いと思われるものを最後に保存して、LN2冷却用のGPUポットに対する彼ら自身の見方を見ました。実際、小売パッケージングも同様に準備が整っていましたが、市場に出る時期についての見積もりはありません。 Bitspower GPU LN2ポットサンプルは2ピース構造を使用しており、上部にBitspowerロゴがあり、下部に巨大な銅の塊があるモノクロの配色が可能です。以前にLN2ポットを扱ったことがある場合、何を期待すべきかはわかっていますが、他の人にとっては、平均的な水ブロックに比べてここで使用される銅の量がはるかに多いため、かなり重くなります。実際、ほとんどの場所にメッキ銅が見られますが、内部のチャネルとコンタクトプレートは、余分な熱性能のためにむき出しの銅のままです。