Broadcomが7 nmチップで25.6 tbpsネットワークスイッチを出荷techpowerup - Broadcom

Broadcom、7 nmチップで25.6 Tbpsネットワークスイッチを出荷

Broadcom has today started shipping its latest Tomahawk 4 chip for network switches, used by all hyperscale cloud providers like Google, Microsoft, and Amazon. The Tomahawk 4 is a processor built using a 7 nm manufacturing node from TSMC. Featuring over 31 billion transistors, the chip is one of the largest ever Broadcom built. It is an improvement to the Tomahawk 3, which achieved 12.8Tbps. This new chip is having two times the bandwidth available, resulting in 25.6 Tbps speeds while still achieving the form of a single die.

Broadcomは、25.6 Tbpsの膨大なスループットを達成するために、単一のモノリシック設計で50 Gbpsで実行される512個のPAM4 SerDesブロックを配置しました。 400GbEの64ポートまたは100GbEの256ポートをサポートできるトマホーク4は、25.6 Tbpsスイッチを操作するために必要な電力とハードウェアが少ないため、運用コストを75%削減すると言われています。このようなスループットを達成するための複数のスイッチ。さらに、すべてのテレメトリ処理を制御し、スイッチファームウェアを実行するために、1 GHzで実行される4つのArm CPUがダイに組み込まれています。 Sources: TheNextPlatform, Tom's Hardware