8個のPCIe x16スロットを備えた非標準マザーボードのカラフルな紹介


Colorful today introduced an non-standard form-factor socket LGA1151 motherboard for crypto-currency mining builds, the C.B250A-BTC PLUS V20. This board is 485 mm in length, and 195 mm in width, and probably won't fit in even HPTX cases for its intended use, but is suited for custom rack-type setups. It only includes the most bare-essential features to set up a mining rig with up to eight graphics cards, with 2-slot spacing between each card. The board lacks a 24-pin power input, so you can share your high-wattage PSU with multiple machines based on this board.

CPU用の2つの4ピンATX電源入力、および16個のPCIe電源入力を備えており、そのうち8個をいつでも装着してPCIeスロットに電力を供給できます。オプションで16個すべてをプラグインできます。 gen 3.0 x16、CPUに配線され、残りの7つはgen 3.0 x1、Intel B250 Express PCHに配線されています。 CPUは1つのDDR4 SO-DIMMスロットに配線されます。これは、システムメモリがGPUマイニングのボトルネックではないためです。ボードの接続性も非常に重要であり、わずか数個のUSBポート、HDMIディスプレイ出力、1つの1 GbEネットワーク接続があります。同社は価格を明らかにしなかった。