フラウンホーファーIISが新しいJPEG XSビデオコーデックと実装を発表



The Fraunhofer Institute for Integrated Circuits IIS announces its first JPEG XS codec implementation for video production at the NAB Show in Las Vegas from April 9-12 2018. The coding specialists of Fraunhofer IIS will demonstrate the JPEG XS codec as an input format for post-production in a software plug-in for Adobe Premiere Pro CC with real-time playback capability of 4k60p UHD video.

ビデオの高解像度とダイナミックレンジから増加するデータ量により、スタジオの同軸ケーブルからの長距離伝送はまもなく時代遅れになります。同時に、制作会社とスタジオは、標準のイーサネットインフラストラクチャを介したシンプルで費用対効果の高いIP伝送の導入により、商用の既製(COTS)コンポーネントによるビデオ伝送に専用ケーブルとスイッチを代用しようとしています。 JPEG XSは一般に、スタジオ環境、ローカルビデオネットワーク、VR / ARアプリケーションでのIPワークフロー用のISO / IEC SC29 WG1(「JPEG委員会」)による標準化の下にある新しいコーデックであり、標準イーサネットなどで高解像度ビデオデータを転送できます有線接続。コーデックは、高画質データを限られた帯域幅で転送する必要がある場合や、限られたコンピューティングリソースで処理する必要がある場合に、メザニン圧縮での使用に最適化されています。フラウンホーファーIIS JPEG XS開発は、2:1から少なくとも6:1の圧縮率で、最も複雑度が低く、プラットフォームに依存しないアプリケーションに使用できます。

JPEG XSは、アルゴリズムの並列度が高いため、カメラやエクステンダーなど、既存のすべてのハードウェアまたはソフトウェアシステムに簡単に統合できます。コーデックは、IPを介してSMPTE 2110伝送層システムを活用するように設計されています。

At NAB Fraunhofer IIS will demonstrate the JPEG XS codec as an input format in a software-plugin for Adobe Premiere Pro CC for use in post-production with real-time playback capability of 4k60p UHD. The demonstrator runs on Windows and uses a NVIDIA graphic card to accelerate the decoding.