g.skillがhedtプラットフォーム向けの新しい高性能、超容量のddr4メモリキットを発表| techpowerup

G.SKILL、HEDTプラットフォーム向けの新しい高性能、超容量DDR4メモリキットを発表

G.SKILL, the world's leading manufacturer of extreme performance memory and gaming peripherals, is pleased to announce the release of new high-performance and high-capacity quad-channel memory kits for the latest Intel X299 and AMD TRX40 high-end desktop (HEDT) platforms, including the high-capacity DDR4-3600 CL16-19-19-39 256 GB (32 GB x8), DDR4-4000 CL18-22-22-42 256 GB (32 GB x8), and the high-speed, low-latency DDR4-4000 CL15-16-16-36 64 GB (8 GB x8) specifications. By bringing ultra-high 32 GB memory module capacity into the realm of HEDT computing, powerful workstations are now truly able to achieve a complete combination of high core count processor with high-speed, high-capacity memory for heavy workloads or for running more virtual machines than ever.

Intel X299プラットフォームのフルパワー
究極のメモリパフォーマンスを実現するために構築されたG.SKILLは、非常に高速と超低レイテンシを大容量64 GBで組み合わせたDDR4-4000 CL15-16-16-36 64 GB(8 GB x8)メモリ仕様をリリースします。メモリキット。以下のスクリーンショットのASUS ROG RAMPAGE VI EXTREME ENCOREおよびMSI Creator X299マザーボード上の新しいIntel Core i9-10900Xプロセッサで検証されているように、この超高速メモリキットは高性能ワークステーションに最適です。 最新の高密度32 GBモジュールで構築された超大容量メモリキットの場合、DDR4-4000 CL18-22-22-42 256 GB(32 GB x8)は、複数の仮想マシンの実行など、メモリを大量に消費するアプリケーションに最適です。マシン。以下のスクリーンショットでは、この巨大なメモリキットは、それぞれMSI Creator X299およびASUS PRIME X299-DELUXE IIマザーボードを搭載したIntel Core i9-9920Xおよびi9-9820Xプロセッサで検証されています。 AMD TRX40プラットフォームの限界を押し広げる
G.SKILLは、最新の第3世代AMD Ryzen Threadripperプロセッサーで使用するために構築され、最後の1オンスのパフォーマンスをすべて引き出すために最適化されており、DDR4-3600 CL14-15-15-35の低遅延仕様を64 GB(8 GB x8 )Trident Z Neoメモリキット。次のスクリーンショットでは、この非常に効率的なメモリキットが最新のAMD Ryzen Threadripper 3960XプロセッサとASUS ROG Zenith II Extremeマザーボードで検証されています。 G.SKILLは、DDR4-3600 CL16-19-19-39 256 GB(32 GB x8)仕様のAMDプラットフォーム用の高密度32 GBメモリモジュールに基づく超大容量メモリキットも発売します。この極端な容量のメモリキットは、以下のスクリーンショットのAMD Ryzen Threadripper 3960XプロセッサとASUS ROG Zenith II Extremeマザーボードでも検証されています。 可用性とXMP 2.0サポート
これらの高性能クアッドチャンネルメモリ仕様は、オーバークロックを容易にするIntel XMP 2.0をサポートし、2019年第4四半期後半にG.SKILLワールドワイドディストリビューションパートナーから入手可能になります。今後のクアッドチャンネルの詳細なリストについては、以下の仕様表をご覧くださいメモリキット。