ギガバイトは、複数のradeon rx 5500シリーズグラフィックスカードを用意しています| techpowerup

GIGABYTEが複数のRadeon RX 5500シリーズグラフィックスカードを準備

GIGABYTE has filed regulatory filings with the Eurasian Economic Commission (EEC) for several Radeon RX 5500-series graphics cards, including as many as six models based on the range-topping RX 5500 XT. The filing confirms that the RX 5500 XT is real, and that all six models from GIGABYTE feature 8 GB of GDDR6 memory. The RX 5500 XT, or Navi 10 XTX is rumored to feature 24 RDNA compute units, making up 1,536 stream processors, and a 128-bit wide GDDR6 memory interface, holding 8 GB of memory. AMD possibly hopes to capture sub-$250 price points with this SKU, given that NVIDIA preempted it with the $230 GeForce GTX 1660 Super.

GIGABYTEの命名規則に従っている6つのモデルの中には、同社のWindForce 2Xクーラー、より大きなWindForce 3Xクーラーを備えている可能性のあるGaming OC SKU、および基準クロック速度に固執するシンプルなモデルに基づくカードがあります。 GIGABYTEは、AMD「Navi」グラフィックカードシリーズでかなり抑制されており、これまでのところカスタムデザインのRX 5700シリーズグラフィックカードは2枚しかありません。同じEECファイリングでは、Aorus Gamingブランドに基づいたものを含む、同社のRX 5700シリーズSKUをさらにいくつか参照しています。

Sources: Eurasian Economic Commission, _rogame (Reddit)