インテルの「キャノン湖」はavx-512命令セットを主流にもたらす可能性があります| techpowerup

Intel 'Cannon Lake'はAVX-512命令セットをメインストリームにもたらす可能性があります

Intel's next-generation 'Cannon Lake' CPU micro-architecture could see the introduction of the AVX-512 instruction-set to the mainstream segments (MSDT or mainstream-desktop, and mobile). It is currently available on the company's Core X 'Skylake-X' HEDT processors, and on the company's Xeon 'Skylake-W,' Xeon Scalable 'Skylake-SP,' and in a limited form on the Xeon Phi Knights Landing and Knights Mill scalar compute chips.

今後の「Cannon Lake」メインストリームシリコンは、AVX512F、AVX512CD、AVX512DQ、AVX512BW、およびAVX512VL命令を搭載し、AVX512_IFMAおよびAVX512_VBMIコマンドをサポートし、「Skylake-SP」シリコンよりもわずかに幅広いAVX-512の実装になります。新しいAVX-512は、それを利用する計算集約型アプリケーションのパフォーマンスを大幅に改善します。また、将来のセキュリティ標準の重要なコンポーネントにもなります。


Source: Anandtech