インテル「クーパーレイク」「カスケードレイク」と「アイスレイク」の間の最新の14nmのギャップ| techpowerup

Intel「クーパーレイク」「カスケードレイク」と「アイスレイク」間の最新の14nmのギャップ

With no end to its 10 nm transition woes in sight (at least not until late-2019), Intel is left with refinement of its existing CPU micro-architectures on the 14 nanometer node. The client-desktop segment sees the introduction of the 'Whiskey Lake' (aka Coffee Lake Refresh) later this year; while the enterprise segment gets the 14 nm 'Cascade Lake.' To its credit, Cascade Lake introduces a few major platform innovations, such as support for Optane Persistent Memory, silicon-level hardening against recent security vulnerabilities, and Deep Learning Boost, which is hardware-accelerated neural net building/training, and the introduction of VNNI (Variable Length Neural Network Instructions). 'Cascade Lake' makes its debut towards the end of 2018. It will be succeeded in 2019 by Ice Lake the new 'Cooper Lake' architecture.

「Cooper Lake」は「Cascade Lake」の更新であり、Intelが10 nmを正しく取得するための一時的なギャップであるため、「Ice Lake」を構築できます。 14 nmノードの最終(できれば)反復で構築されます。プラットフォームを「カスケードレイク」と共有するため、Optane Persistent Memoryサポートキャリアが終了します。変更されたのは、BFLOAT16(可能な半精度浮動小数点命令)を含むいくつかの新しい命令で強化されるDeep Learning Boost機能セットです。 Intelはまた、クロック速度を全面的に上げる機会を提示される可能性があります。
Source: Anandtech