IntelはAMD dGPUを捨てることができた



Intel did the impossible in 2017, by collaborating with rival AMD after decades, on a product. The new Core i7-8000G series processors are multi-chip modules that combine quad-core 'Kaby Lake' CPU dies with discrete AMD Radeon Vega GPU dies that have their own dedicated HBM2 stacks. With performance-segment notebooks and sleek AIO desktops building momentum for such products, Intel sees a future in building its own discrete GPUs, at least dies that can replace the AMD Radeon IP from its Core G-series processors.

独自のディスクリートGPUに投資しているという噂の中で元AMDグラフィックスヘッドのRaja KoduriがIntelに切り替えたため、同社の将来の「アークティックサウンド」と「ジュピターサウンド」グラフィックスIPの詳細が明らかになりました。 GPUは、それぞれ第12世代と第13世代のグラフィックアーキテクチャに基づいて停止します。 「The Motley Fool」のテクノロジーストックコメンテーターであるAshraf Eassaによると、「Arctic Sound」と「Jupiter Sound」の両方は、IntelプロセッサーダイとEMIBを介して接続するディスクリートGPUダイであり、マルチチップ用の独自の高密度相互接続ですモジュール。同社はまだ第8世代CoreプロセッサーでGen 9.5アーキテクチャを収益化しているため、この2つに至るまで長い時間がかかる可能性があります。