カスケードLake-Xを使用して、コアからドルへのコアを増やすインテル?

インテルは、Cascade Lake-Xを使用して、コアからドルへの全体的なコア数を増やしますか?

Intel is preparing to increase core-counts across the board with its upcoming Core X 'Cascade Lake-X' HEDT processor family, launching next month. The first indication of this comes from an Intel slide that claims a 1.74 to 2.09x increase in performance-per-Dollar over 'Skylake-X.' The 'Cascade Lake' microarchitecture already made its debut in the enterprise market as Intel's 2nd generation Xeon Scalable processors, and its IPC is similar clock-to-clock, to its predecessor (Skylake).

Intelがこのようなドルあたりのパフォーマンスの向上を主張している場合、それはドルに対するコアカウントの大幅な増加を示しているだけです(999ドルで16コア、1999ドルで28コアなど)。これらのチップに価値を追加するのは、DLBoost、Optane DC Persistent Memoryのサポート、メモリクロック速度の向上、Core X 9000シリーズと比較したボード全体のCPUクロックの高速化など、特定の新しいAI加速命令セットです。 Core Xの「Cascade Lake-X」プロセッサフ​​ァミリは、今年10月にデビューします。


Source: Tom's Hardware