Intel「Tiger Lake」はPCIe Gen 4をサポートし、Xeグラフィックス、Phantom Canyon NUCを搭載



Intel is working on its next generation gaming-grade NUC, codenamed 'Phantom Canyon.' When it comes out some time in 2020-21, it will feature Intel's 10 nm+ 'Tiger Lake' SoC. Intel detailed this and more in a leaked presentation to industry partners. It describes the launch of of the company's 'Ghost Canyon' NUC in Fall 2019 to succeed the current 'Hades Canyon' gaming NUC. This box features a Core i9-9980HK processor and discrete graphics options. It will be succeeded in 2020-21 (late 2020 or sometime 2021), by the 'Phantom Canyon' NUC that's in development.

「Phantom Canyon」NUCは、PCI-Express gen 4を搭載した28 W 10 nm +「Tiger Lake-U」SoCを搭載しています。このパッケージは、現在取り組んでいるXeアーキテクチャから派生したIntelの「Gen 12」グラフィックプロセッサも実装します、中国の出版物PTTWebによると。 NUCは、現在のGTX 1660 TiおよびRTX 2060の価格帯(299ドルから349ドル)のディスクリートグラフィックオプションも備えています。関連するニュースでは、Intelがチップセットバスをデスクトップおよびモバイルプラットフォームの次世代でメジャーアップデートするという微妙なヒントがあります。どうやら、将来のプラットフォームでは、PCIe gen 4へのアップデートに加えて、現在のプラットフォームでは4レーンではなく8レーンに広がるDMIが搭載される可能性があります。DMI3.0(PCIe 3.0 x4) NVMe SSD、外部Thunderbolt 3グラフィックスカード、USB 3.2フラッシュドライブなど。

Sources: ChipHell, FanlessTech, PTTWeb