Intel 'Tiger Lake-U'プロセッサはLPDDR5メモリをサポートできます



Intel's Core 'Tiger Lake' microarchitecture could be a point of transition between DDR4 and DDR5 for the company. Prototypes of devices based on the ultra-compact 'Tiger Lake-Y' SoC were earlier shown featuring LPDDR4X memory, although a new device, possibly a prototyping platform, in the regulatory queue with the Eurasian Economic Commission describes itself as featuring a 'Tiger Lake-U' chip meant for thin and light notebooks and convertibles. This device features newer LPDDR5 memory, according to its regulatory filing.

LPDDR5は、業界の次の低電力メモリ規格としてLPDDR4Xを継承し、最大6,400 MT / s(LPDDR4Xの最大4,266 MT / s)のデータレートを提供し、最大30%少ない電力を消費します。 EECのこのプロトタイプは、DRAMメジャーのSamsungとSK HynixがDDR5ベースのメモリソリューションを今年末までに出荷する予定であるため、リリースされていないLPDDR5メモリチップを使用するはずです。 、PoPフォームファクターで。第10世代のコア「アイスレイク」の後継となる「タイガーレイク」は、10 nmシリコン製造ノード向けに設計されたIntelの2番目のCPUマイクロアーキテクチャです。

Sources: KOMACHI_Ensaka (Twitter), Eurasian Economic Commission, Tom's Hardware