インテルのceoは、「攻撃的すぎる」10 nmの遅延を非難します| techpowerup

インテルのCEOが「過度に攻撃的」であることを10 nm遅らせる

During Fortune's Brainstorm Tech conference in Aspen, Colorado, Intel's CEO Bob Swan took stage and talked about the company, about where Intel is now and where they are headed in the future and how the company plans to evolve. Particular focus was put on how Intel became 'data centric' from 'PC centric,' and the struggles it encountered.

しかし、ムーアの法則の終aboutについて尋ねられたとき、スワンは彼らが挑戦に接近した攻撃性を詳述しました。スワン氏は、2年ごとにトランジスタ密度を定期的に2倍改善する代わりに、Intelは常にビジネスのリーダーであり続けるために、より良い密度とより高い密度を目標にしていると述べました。

Intelは、10 nmを使用して、前世代の14 nmトランジスタと比較して、密度を最大2.7倍向上させました。彼は、「非常に攻撃的なイノベーション」に起因する10 nmノードの配信における5年の遅延に対処し、「…ますます難しくなり、より積極的な目標を設定する…」と付け加え、これが配信遅延の主な理由です。さらに、彼は今回、Intelは2年間で正確に2倍の密度改善にとどまり、同社の7 nmノードは2年後に発売される予定で既に開発中であると述べた。

Intelの将来について話すとき、SwanはIntelの現在の市場シェアは「シリコン市場」の30%であると述べ、Intelは現在の製品を主にCPUとFPGAから大きなコンピューティングパフォーマンスを必要とするすべてに多様化しようとしていると述べました残りの市場を獲得するために。彼は、人工知能が現在そのような性能に対する大きな需要を推進していると指摘しました。
将来のIntelの収益源。インテルは、Mobileyeなどの買収を通じて、その市場にサービスを提供し、会社の価値を高めることを計画しています。

You can listen to the talk here.