最新のインテルロードマップのスライドがリーク、次のコアxは「カスケードLake-x」ですtechpowerup - 最新

最新のIntelロードマップスライドが流出、Next Core Xは「Cascade Lake-X」



The latest version of Intel's desktop client-platform roadmap has been leaked to the web, which reveals timelines and names of the company's upcoming product lines. To begin with, it states that Intel will upgrade its Core X high-end desktop (HEDT) product line only in Q4-2018. The new Core X HEDT processors will be based on the 'Cascade Lake-X' silicon. This is the first appearance of the 'Cascade Lake' micro-architecture. Intel is probably looking to differentiate its Ringbus-based multi-core processors (eg: 'Coffee Lake,' 'Kaby Lake') from ones that use Mesh Interconnect (eg: 'Skylake-X'), so people don't compare the single-threaded / less-parallized application performance between the two blindly.

次に、Intelは2018年第1四半期に6コア、4コア、および2コアの「Coffee Lake」プロセッサの第2波を立ち上げる準備ができていますが、8コアのメインストリームデスクトッププロセッサがラインナップに加わることはありませんこれらのプロセッサには、さらに多くの300シリーズのチップセット、つまりH370 Express、B360 Express、およびH310 Expressが付属します。また、2018年第1四半期には、IntelはPentium SilverおよびCeleronブランドの4コアおよび2コアSoCを備えた新しい「Gemini Lake」シリコンの導入により、低電力プロセッサのラインアップを更新します。
Source: MyDrivers