マイクロン、nvidia rtx 20シリーズgddr6実装の最初の起動パートナーステータスを発表| techpowerup

マイクロン、NVIDIA RTX 20シリーズGDDR6実装の最初のローンチパートナーステータスを発表

Memory subsystems are an important part of graphics workloads, and both AMD and NVIDIA have always been looking to cross the cutting-edge of tech in both GPU production and memory fabrication technologies. AMD has been hitching itself to the HBM bandwagon with much more fervor than NVIDIA, albeit with somewhat lukewarm results - at least from a consumer, gaming GPU perspective. NVIDIA has been more cautious: lock HBM's higher costs and lower availability to higher-margin products that can leverage the additional bandwidth, and leave GDDR to muscle its way through consumer products - a strategy that has likely helped in keeping BOM costs for its graphics cards relatively low.

現状では、Micronは、ロードマップと生産量の両方を備えたRTX 20シリーズの発売におけるNVIDIAのパートナーであり、GTX 2070を超える(および含む)製品はすべて新しい高性能メモリサブシステムを搭載しています。 Micronは2017年に製品としてGDDR6メモリを既に発表しており、2018年の初めまでにサンプリングを行い、6月までに量産を開始しました。新しい光沢のあるグラフィックカードの在庫を9月に発売するのに十分な時間です。もちろん、この立ち上げと最初のMicronのリーダーシップは、彼らがNVIDIAの唯一のサプライヤになるということではありませんが、少なくともしばらくは最も関連性の高いものになると言っても安全です。 Sources: Micron, via Tom's Hardware