Vulkan Renderer APIをサポートするために更新されたNo Man's Sky



I've written my fair share of articles on No Man's Sky, since the game's concept is one of the more interesting in recent years (for me; editor liberties, can we call it?). The game may have excelled more in concept than in execution, but a series of updates have brought the game close to what was promised. Now, developer Hello games has brought about an update that brings a more subtle change: the game's API has been updated from OpenGL to Vulkan. The 'behind the curtains' update has brought about improved performance across the spectrum of graphics cards that support that API renderer (in particular AMD users, as the patch notes themselves spell out), and, expectedly, an easier coding time for the developers. Improved HDR support was also coded into the game. The full patch notes follow, as well as Hello Games' words on this change.

ノーマンズスカイPCバルカンパッチリリースノート
  • OpenGLはVulkanに置き換えられました。多くのプレーヤー、特にAMDグラフィックスカードを使用するプレーヤーでは、パフォーマンスが向上するはずです。
  • HDRサポートの改訂、HDRキャリブレーションの進歩に合わせた出力曲線の更新
  • アダプティブおよびトリプルバッファーV-Syncがグラフィック設定から選択可能になりました
  • 複数のGPUを持つプレーヤーは、グラフィック設定から使用するものを選択できるようになりました
  • 次の設定を変更しても、再起動する必要はありません。
  • ウィンドウモード
  • 解決
  • V-Sync
  • 影の詳細
  • 反射品質
  • 「LOADING SHADERS」ロード手順が削除され、ロードエクスペリエンスが向上しました。
  • クラッシュデータはSteamを介して収集され、問題の追跡と修正に役立ちます。

Source: DSOGaming