nvidia tu106チップのサポートがhwinfoに追加され、geforce rtx 2060に電力を供給できます| techpowerup

NVIDIA TU106チップサポートがHWiNFOに追加され、GeForce RTX 2060に電力を供給できます

We are all still awaiting how NVIDIA's RTX 2000 series of GPUs will fare in independent reviews, but that has not stopped the rumor mill from extrapolating. There have been alleged leaks of the RTX 2080 Ti's performance and now we see HWiNFO add support to an unannounced NVIDIA Turing microarchitecture chip, the TU106. As a reminder, the currently announced members in RTX series are based off TU102 (RTX 2080 Ti), and TU104 (RTX 2080, RTX 2070). It is logical to expect a smaller die for upcoming RTX cards based on NVIDIA's history, and we may well see an RTX 2060 using the TU106 chip.

HWiNFOへのこの追加は、以前は間違っていたため、一粒の塩と一緒に摂取する必要があります。最近でさえ、当時私たちが現在チューリングとして知っているNVIDIA Voltaマイクロアーキテクチャであると推測されていたものに対するサポートを追加しました。ただし、3DCenter.orgがダイのサイズ、シェーダー、TMUの数などに関してTU106がどのように機能するかについての最良の推定値を示しているように、他の人がこれ以上推測するのを止めていません。 TSMCの7 nmノードは今年末までにApple iPhone生産に没頭する可能性が高いことを考えると、NVIDIAはTU102およびTU104が製造されているのと同じ12 nm FinFETプロセスを使用している可能性があります。この主流GPUセグメントは、総収益に対するNVIDIAのブレッドバターであ​​るため、2018年第4四半期の終わりにホリデーショッパーをターゲットにした小売利用可能の発表が行われる可能性があります。
Source: HWiNFO Changelog

Thermaltake 71