Warning: fopen(!logs-errors-php.log): failed to open stream: Permission denied in /var/www/html/!php-gen-lang/v1-core/function_main.php on line 137

Warning: fwrite() expects parameter 1 to be resource, boolean given in /var/www/html/!php-gen-lang/v1-core/function_main.php on line 138

Warning: fclose() expects parameter 1 to be resource, boolean given in /var/www/html/!php-gen-lang/v1-core/function_main.php on line 139
 nvidiaの20シリーズは、下位層のカードにrtx機能がないために分離される可能性があります| techpowerup - Nvidiaの

NVIDIAの20シリーズは、下位層カードのRTX機能の欠如により分離される可能性があります

NVIDIA's Turing-based RTX 20-series graphics cards have been announced to begin shipping on the 20th of September. Their most compelling argument for users to buy them is the leap in ray-tracing performance, enabled by the integration of hardware-based acceleration via RT cores that have been added to NVIDIA's core design. NVIDIA has been pretty bullish as to how this development reinvents graphics as we know it, and are quick to point out the benefits of this approach against other, shader-based approximations of real, physics-based lighting. In a Q&A at the Citi 2018 Global Technology Conference, NVIDIA's Colette Kress expounded on their new architecture's strengths - but also touched upon a possible segmentation of graphics cards by raytracing capabilities.

そのQ&Aの間、NVIDIAのColette Kressは、Turingのパフォーマンスを10シリーズグラフィックスカードの2倍に改善し、レイトレーシングのパフォーマンスの向上を無視しました。最後の世代。ただし、NVIDIAの20シリーズのラインアップに関しては、興味深い言葉遣いがあります。クレスが言うように、 'レイトレーシングカードから始めます。 2080 Ti、2080、および2070全体が市場に出ています。'コンテキストでは、下位層のグラフィックスカード(明らかに、潜在的なTU106シリコンと下位レベルのバリアントに基づくもの)にレイトレーシングハードウェアがないことを指摘しているようです。 これは単なる推測です-クレスのコメントに基づいています-しかし、それが現実に変換される場合、これは一般的にNVIDIAとレイトレーシングにとって大きな間違いです。サブ** 70ティアグラフィックスカードの市場ゲームの大部分(20シリーズでは、RTX 2070で最大499ドルも値上がりしました...)、RTハードウェアを下位ティアグラフィックスに追加しないとレイトレーシング効果によるプレーヤーベースの大部分。これは、NVIDIAのRTXテクノロジを追加し、MicrosoftのDXRを実装する開発者が、ゲーマーのごく一部(高性能のディスクリートソリューションを備えたゲーマー)に対応する開発リソースを費やすことを意味します。そして過去に、開発者が貴重な時間をそのような機能に費やすことをどう考えているかを見てきました。 さらに、RTXサポートによるこのグラフィックカードの分離(またはその欠如)が発生した場合、NVIDIAのラインナップはどうなりますか? GTX 2060(おそらく2060 Ti)までのGTXグラフィックカード、およびRTXの上位バージョンGTXとRTXを通じてNVIDIAのブランドを弱めることは賢明な選択のようには見えませんが、もちろんそうなった場合、RTXプレフィックスを全面的に保持するよりもはるかに良いでしょう。

また、RTハードウェアを小型で低パフォーマンスのGPUに搭載することが現実的ではないという単純な場合もあります。パフォーマンスのリークとプレビューが示されているように、NVIDIAのトップラインのRTX 2080 Tiでも、シャドウトゥームレイダーやバトルフィールドVなどのゲームでは1080pで40-60 FPSしか配信できません(DICEは再生可能なパフォーマンスレベルを達成するためにレイトレーシングのレベルを下げる)。リリースまでのパフォーマンスの改善により、FPSはある程度向上する可能性がありますが、すべての兆候は、追加されたレイトレーシングコンピューティングに対応するために、NVIDIAの新しい20シリーズのレンダリング解像度の必要な低下を示しています。また、RTコアの完全な補完を備えたNVIDIAの最大の(改訂された)チューリングダイでパフォーマンスがこのようになっている場合、RT実行ユニットの数が少ないカットダイでは、レイトレーシングのパフォーマンスがどのようになるかを推測することしかできません。レイトレーシングが720pのプレイ可能なレベルでのみサポートされる場合、この専用ハードウェアのコストとダイ領域ごとの追加はあまり意味がありません。 全体として、RTX機能を介したグラフィックスカードの分離は、ユーザーベースの破壊だけでなく、** 60以下のレベルで最も多くのプレイヤーがゲームを行うため、間違いであると、このエディターに思われます。開発者はそのような小さなユーザーベースのゲームにRTXを追加することをあまり望んでおらず、NVIDIAはRTXとGTXを介してゲームブランドを希釈することを検討しています。または、RTX以外のカードをRTXブランドでブランド化することで顧客を混乱させるリスクがあります。これらのシナリオのいずれかが通過した場合、レイトレーシングプッシュには早すぎるかもしれないと言うリスクがあります。しかし、おそらくタイミングと技術はもっと良かったのでしょうか?しかし、実際のパフォーマンスレビューを待つ方がいいと思いますか?
Source: NVIDIA via Seeking Alpha