nvidiaのスーパーいじめは、チューリングのためのラインアップ全体のシフトに変換すると噂されています| techpowerup - Nvidiaの

NVIDIAのSUPER Teaseがチューリング向けにラインアップ全体にシフトすると噂

NVIDIA's SUPER teaser hasn't crystallized into something physical as of now, but we know it's coming - NVIDIA themselves saw to it that our (singularly) collective minds would be buzzing about what that teaser meant, looking to steal some thunder from AMD's E3 showing. Now, that teaser seems to be coalescing into something amongst the industry: an entire lineup upgrade for Turing products, with NVIDIA pulling their chips up one rung of the performance chair across their entire lineup.

どうやら、NVIDIAは、現在の価格構造を維持しながらチップを下方にシャッフルすることにより、全体的なパフォーマンスの向上を目指しているようです。これは、RTX 2070グラフィックスカードに電力を供給したNVIDIAのTU106チップが、RTX 2060 SUPERに電力を供給することを意味します(2176 CUDAコアのコアカウントが報告されています)。現在、RTX 2080に電力を供給するTU104チップは、RTX 2070のスーパーバージョン(報告されている2560個のCUDAコアが搭載される予定です)、およびそれらのトップに電力を供給するTU102チップに電力を供給しますline RTX 2080 TiはRTX 2080 SUPERにダウンします(仕様では8 GB GDDR6 VRAMおよび3072 CUDAコアに配置されます)。これにより、RTX 2080 Ti SUPERのさらに強力なSKUの道が切り開かれ、後日発売される予定です。 RTX 2080 Ti SUPERには、最大300 Wをグラフィックスの馬力に変換できるチップが搭載され、ロックが解除されるため、目を光らせ、パワーメーターをオンにします。あまり明確ではない話は、NVIDIAが新しいチップを搭載したRTX 2070 Ti SUPER同等品を導入することを示唆しています。

これは、NVIDIAがチューリングラインナップ全体でティア全体のパフォーマンスを向上させることを意味します。したがって、元の20シリーズのラインアップで達成できるよりも低い価格帯でRTXパフォーマンスが向上します。業界筋(独立検証済み)は、NVIDIAが来週すぐに一部のSUPER GPUを発表し、おそらく導入する予定であることを示しています。

これらの新しいSKUがNVIDIAの現在のチューリングシリーズを現在の価格設定から廃止し、全体的なパフォーマンスを向上させると、AMDのNaviは、決して意図されていなかった混oticとした市場に放り込まれます。RT5700 XTは、 NVIDIAの現在のRTX 2070チップと同等かそれよりわずかに高いですが、SUPERバージョンは、レイトレーシングも提供しながら、そのパフォーマンスの違いを相殺するのに十分なコアを詰め込んでいるようです。 Granted, NVIDIA's TU104 chip powering the RTX 2080 does feature a grand 545 mm² area, whilst AMD's RT 5700 XT makes do with less than half that at 251 mm² - barring different wafer pricing for the newer 7 nm technology employed by AMD's Navi, this means that AMD's dies are cheaper to produce than NVIDIA's, and a price correction for AMD's lineup should be pretty straightforward whilst allowing AMD to keep healthy margins. Sources: WCCFTech, Videocardz