Ryzen 3000 High Idle Voltage誇張の報告、「オブザーバー効果」の事例



With AMD's 3rd generation Ryzen processors finally falling into the hands of PC enthusiasts, many early-adopters are taking to tech communities such as ours, to share their experiences with others. A trend appears to be emerging of users reporting higher-than-usual voltages for these processors when idling. AMD investigated this phenomenon, and declared this to be a non-issue. Apparently, most modern CPU monitoring utilities cause what is known as 'the observer effect:' the process of measuring the processor's load itself causes load on the processor.

Ryzen 'Matisse'プロセッサの場合、監視ソフトウェアは、高速で命令を送信することにより、各プロセッサコアに負荷をポーリングしているように見えます-200ミリ秒ごとに20ミリ秒のワークロードを送信します。これにより、プロセッサの組み込みファームウェアはコアがワークロードにさらされていると判断し、クロック速度とすべてのCPUコアの電圧を比例して増加させることで応答します。監視ソフトウェアは各CPUコアをポーリングするため、チップ全体でコア電圧が上昇します。 「多くの一般的な監視ツールは、コアの動作を監視する方法が非常に積極的であると判断しました。それらのいくつかは、システム内のすべてのコアを20ミリ秒起動し、これを200ミリ秒ごとに実行します。プロセッサフ​​ァームウェアの観点から見ると、これはコアの持続的なパフォーマンスを要求するワークロードとして解釈されます。ファームウェアは、このようなパターンに対応するように設計されています:より高いクロック、より高い電圧、」AMDのプロセッサテクニカルマーケティング責任者であるRobert Hallock氏は述べています。 「だから、監視ツールを見つめてそこに座っていると、ツールは常にすべてのコアに目覚めさせて後押しするよう指示しています。これにより、クロック速度が高くなり、対応する電圧が上昇してそのブーストをサポートします。これは、オブザーバー効果の典型的なケースです。ツールは有効なデータを提供することを期待していますが、実際には測定方法によって無効なデータを生成しています」と彼は付け加えました。

Hallockは、CPU-Zがオブザーバー効果を引き起こさずにCPU電圧を測定する際に最も正確であることを推奨しています。 Redditで共有されたスクリーンショットで、Hallockは親指をいじるとRyzen 9 3900Xの電圧が0.4 Vを大幅に下回ることがあることを示しました。 )、AMD「Zen」プロセッサのマルチコアトポロジをよりよく認識しています。 ASUS Crosshair VIII Heroマザーボードの最新BIOS、AMDチップセットドライバー1.07.07には、最新バージョンの「Ryzen Balanced」Windows電源プランが含まれています。

AMDは、Ryzen 3000ユーザーに最新バージョンのチップセットドライバーを使用し、Ryzenバランス電源プランを有効にすることを強くお勧めします。これにより、プロセッサーとOSがプロセッサーからのパフォーマンス出力で互いに通信する速度を調整します。 Ryzen Balancedでは、これは1ミリ秒に設定されますが、Microsoftが提供するデフォルトの「バランス」電源プランは15ミリ秒に1回だけプロセッサをポーリングし、ユーザーにプロセッサ電圧が「落ち着いた」ように見せかけます。これは、1 msごとにクロック速度を微調整し、ワークロードへの応答を改善するRyzenプロセッサーの最適ではないシナリオです。

また、Hallockは、電圧を正しく測定するためのいくつかのヒントを規定しました。1。複数の監視ユーティリティを同時に実行しないようにします。 2.マザーボードの「コマンドセンター」ユーティリティ、Corsair iCue、NZXT CAMなど、監視ツールであるアプリを閉じます。 3.メモリのXMPプロファイルによって調整される電圧ドメインを除き、BIOS電圧をデフォルト値または自動値に設定します。 4.チップセットソフトウェア、Windowsバージョン(1903を推奨)、およびマザーボードBIOSバージョンを最新の状態に保ちます。 5.表示されなくても心配しないでください <0.5 V values, <1 V is the desired idle range.
Source: Robert Hallock (Reddit)