サムスン、初のA-DieベースRAMの提供を開始



Samsung's B die has been widely known as a good, high performance variant of DRAM memory, loved by overclockers because of its ability to get to a high frequency with relatively low timings. However, B die has been discontinued and now Samsung started offering its replacement in form of the newly developed A die manufactured in 1z nm (1z class) lithography process. Despite the lack of technical details surrounding the new die type, Hardwareluxx has received a tip from its reader about new RAM offering that incorporates A die memory.

リストで呼ばれているM378A4G43AB2-CVFは、動作速度が2933 MHzでタイミングがCL21-21-21の32 GBの単一調光DDR4 RAMです。この特定の申し出は、周波数が良いので興奮するものではありませんが、その速度のタイミングは非常に高いです。 Aダイのターゲットがわからない場合、その現在の目的は中間層システムであり、平凡なパフォーマンスは問題なく、そのためにシステムが(パフォーマンスに関して)苦しんでいないと推測できます。それにもかかわらず、この発見は、将来のAダイDRAM製品のサームで何が期待できるかについての最初のヒントを与えるため、非常に興味深いものです。 Bダイも今日のパフォーマンスレベルに達するまでに時間がかかったので、Aダイが改善され、現在よりも高いパフォーマンスレベルを目指しようとする可能性があることを覚えておいてください。


Source: Hardwareluxx