techpowerup gpu-z v2.25.0リリース| techpowerup

TechPowerUp GPU-Z v2.25.0リリース

TechPowerUp today released the latest version of TechPowerUp GPU-Z, the definitive graphics subsystem information, diagnostic, and monitoring utility. Version 2.25.0 adds several new features, support for more GPUs, and fixes various bugs. To begin with, you'll notice that the main screen displays a second row of APIs supported by your graphics card. These include Vulkan, DirectX Raytracing, DirectML, and OpenGL. The last one in particular help you figure out if your graphics drivers have been supplied by Microsoft of your computer's OEM (and lack OpenGL or Vulkan ICDs). Among the new GPUs supported are Quadro P2200, Quadro RTX 4000 Mobile, Quadro T1000 Mobile; AMD Radeon Pro WX 3200, Barco MXRT 7600, 780E Graphics, HD 8330E; and Intel Gen11 'Ice Lake.'

GPU-Z 2.25.0では、クロック速度の測定をより正確にし、「詳細」タブにベース、ゲーム、ブーストクロックを表示することにより、AMD Radeon「ナビ」サポートをさらに改善しました。カスタム設計の「Navi」グラフィックスカードでアイドル状態のファンストップが使用されるとファン速度がロックされるAMDバグの回避策が追加されました。また、「Navi」の「65535 RPM」のファン速度の読み取りに誤りがあります。 MSRレジスタアクセスによってQEMU / KVMマシンで発生したBSODも修正されました。以下のリンクから入手してください。

ダウンロード: TechPowerUp GPU-Z 2.25.0

変更ログが続きます。

  • 最初のタブに、Vulkan、DirectX Raytracing、OpenGL、DirectMLのサポートステータスが表示されるようになりました
  • MSRレジスタアクセスによって引き起こされるQEMU / KVM仮想マシンのブルースクリーンを修正
  • AMD Naviのクロック速度レポートの改善
  • 詳細タブに、Naviのベース、ゲーム、ブーストクロックが表示される
  • AMDでファン停止がアクティブな場合のファン速度のスタックに対する回避策を追加
  • Naviで報告された65535 RPMファン速度の回避策を追加
  • BIOSのアップロードが完了すると、「完了」と表示されます
  • NVIDIA Quadro P2200、Quadro RTX 4000 Mobile、Quadro T1000 Mobileのサポートを追加しました
  • AMD Radeon Pro WX 3200、Barco MXRT 7600、780E Graphics、HD 8330Eのサポートを追加
  • Intel Ice Lakeのサポートが追加されました