tsmc、2020年に5nmチップの量産を開始| techpowerup

TSMC、2020年に5nmチップの量産を開始

According to industry sources over at DigiTimes, TSMC will begin mass production of its 5 nm node in March 2020, when companies using the 5 nm PDK can tape out their designs and integrate them into future products. Going into volume production two years after the 7 nm node, 5 nm is trying to put Moore's Law back on track again.

Extreme Ultra-Violetリソグラフィー(EUVとも呼ばれる)を使用して構築された5 nmノードは、既存のFinFETトランジスタを利用し、既存の7 nmノードと比較して速度、電力、密度を大幅に改善します。速度は約15%増加すると想定されていますが、密度は80%も向上するため、誰にとっても素晴らしいニュースです。顕著な電力の削減もあり、現在では、新しいノードがもたらす追加の速度と密度の改善を享受しながら、消費電力を約30%削減することが可能になりました。
Source: DigiTimes