非現実的なエンジンは、リアルタイムのレイトレーシング機能のホストを取得します| techpowerup

アンリアルエンジンが多数のリアルタイムレイトレーシング機能を取得

Epic Games wants a slice of next-generation NVIDIA GameWorks titles that are bound to leverage the RTX feature-set of its hardware. The latest version of Unreal Engine 4, released as a preview-build, comes with a host of real-time ray-tracing features. In its change-log for Unreal Engine 4.22 Preview, Epic describes its real-time ray-tracing feature to be a 'low level layer on top of UE DirectX 12 that provides support for DXR and allows creating and using ray tracing shaders (ray generation shaders, hit shaders, etc) to add ray tracing effects.'

ここで参照しているハードウェアは、NVIDIAの「Turing RTX」GPUにあるRTコアです。高レベルでは、Unreal Engine 4は、シャドウ、反射、アンビエントオクルージョンのノイズ除去を含む、DXRを活用する約20の機能をサポートします。長方形のエリアライト、ソフトシャドウ、レイトレースされた反射とAO、リアルタイムグローバルイルミネーション、半透明性、三角形メッシュ、およびパストレーシング。 2020年のDXR対応ゲームを可能にするために、2019年末にアンリアルエンジン4.22が「安定」するのを見ることができました。


Source: Unreal Engine Forums